ニキビ 黒ずみ ケア

ニキビによる黒ずみのケアと対策方法

ニキビの黒ずみのケアって難しそうなイメージがありますが、実際は思ったほどではありません。結論から言うと、

 

ニキビ跡を残したくないなら!!Reproskin(リプロスキン)

 

 

今あるシミも、未来のシミも。アンプルールのW美白

 

のように、ニキビ跡や黒ずみのケア、美白化粧品などを使うことで、ほとんどの場合は症状が改善していきます。そもそも、黒ずみの原因は「メラニン」。メラニンというと、日に焼けた時、肌が黒くなるアレです。ニキビの刺激を受けた肌の防衛本能が、メラニンを生成させます。通常なら、ターンオーバーによって、メラニンは排出されていくんですが、ニキビによって弱っている肌は正常に機能してくれません。結果、黒ずみとして残ってしまいます。特にケアしにくい背中やお尻は、黒ずみになりやすい傾向があるようです。なかなか目に触れない部分だし、背中にいたっては手が届かないのもあって、スキンケアしている人はほとんどいないんじゃないでしょうか。ちょっとした対策としては、肌着を風通しのよい物に変えてみたり、汗をかいた場合はすぐに着替えること・・・など、できることは多いです。肌を清潔に保ってあげることで、肌の機能も回復し、ニキビも黒ずみにも対抗できるようになります。加えて、保湿もしっかりやってあげると、より成果が期待できます。黒ずみ対策においてはとっても効果の期待できる成分があります。耳にしたことがある方も多いと思いますが、それは、ターンオーバーを促進してくれる「トレチノイン」と、黒ずみができてしまう作用を抑えてくれる「ハイドロキノン」です。これらは結果をきちんと出してくれるんですが、その強さゆえ、皮膚が剥がれたり、赤みを帯びる副作用も確認されています。市販されているものには、それ程高い濃度のものが配合されていないので安心ですが、その分効果も低いようです。しかし、高濃度のものになると、病院で処方してもらうか、個人輸入にて手に入れる以外ありません。冒頭で紹介したものでも十分キレイになるで、わざわざ危険を犯してまで黒ずみをケアしなくてもいいような気がします。また、冒頭で紹介したアンプルールにもハイドロキノンが配合されていますが、これは「新安定型ハイドロキノン」という、皮膚への影響を抑えつつも、高い効果が期待できる成分となっています。専門機関によるテストでも問題なかったようなので安心してお使いいただけると思います。黒ずみでお悩みの方は、使ってみる価値があると思います。

 

 

 

【リンク集】
白ニキビ 予防